FC2ブログ
好きな作品を流れのままに綴ります。 二次・オリジナルのお話です。よろしくお願いします。まずは【はじめに】からお入り下さい。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

WISH 1 過去と現実

2015-07-20 Mon 22:00

1【過去と現実】

窓を開けはなし、星が出ている空を眺めた牧野つくし。
「道明寺のお父さん、大丈夫かな?
一日も早く良くなります様に!」
離れ離れの恋人・道明寺司の父親の身体を案じ、瞼を閉じ星に祈りを捧げた。
その人の病状がわからない今の状況で、自分ができるのは祈ることだけだから。

今思えば、それは不思議なことだ。
1年前、自分にひどい仕打ちをした相手と、恋人と周囲が思う関係になったこと!

今は、道明寺司の家庭事情から全く会えない二人で、形だけの付き合いになっていても。

しかも、つくし自身、恋愛感情を十分高めていない中での道明寺司の渡米だった。
道明寺司は、父親の事情を抱え、自身の卒業式をあと2日と言う時に、母親の道明寺楓と共に自家用機で旅立って行った。

つくしは、卒業式後のダンスパーティーであるプロムで着るようにと道明寺から送られたドレスを見つめた。
ドレスには不似合いな部屋の壁にかけられたまま着ることはなくなった。

つくしは、家庭の事情を道明寺には言えずに旅立ちを見送ってしまった。
それは、つくしの父の処遇だった。
ま、付き合い始めたばかりの浅い関係の中で、つくしは父親の会社の問題を話すべきか躊躇したからだ。

表向きは人事異動でしかない。あくまでもリストラで解雇されるわけではない。しかし、実際は姥捨て山とも言える扱いの処遇。
それでも、不景気な時代で、再就職も間々ならない中でなら、有り難いと思わざる得ない。しかし、よりによって都心から遠く離れた土地に移動になるとは思ってもみなかった。
牧野晴男に言い渡された移動先、それは海沿いの保養施設の管理だった。
そこは、今まで定年後の再雇用で移動になる部署。働き盛りの年齢である牧野晴男が行かされるには少し早すぎる。それでも、一家は喜んで受け入れた。何しろ、解雇ではないのだと。しかも、そこで妻も働けるらしいと聞き付けた。

しかし、英徳に通うつくしは連れては行けない。
なにしろ、一家の一筋の希望の星。
かねてからの願望であった財閥子息との玉の輿が目の前にあるのだから。

一家の一人息子・進の中学の転校手続きを済ませ、その卒業式を終えて両親と弟の3人、海辺の保養施設に住み込みで引越して行った。
父・晴男の会社の恩恵で、3か月の猶予を与えられ、つくしは社宅で次の住まいが見つかるまで、1人暮らしをする事になった。

「6月には探せていないと・・・」

机に向かい、進学の事・住む部屋の事・道明寺の事と、どうして良いかわからない難事が幾つも重なり、パニックになりそうな気持ちを抱え新学期を迎えようとしていた。



作品作りの励みになりますので、是非「ポチっ」とお願い致します。
WISH
・(7/22)

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

関連記事

別窓 | WISH | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<WISH 2 言えない | STARLIGHT | LIE 14 芽ばえ>>
コメント

背景も変わり、いよいよヤル気マンマンですね🎶
嬉しいな😃

新作楽しみです

そして、初恋の行方!こちらもお忘れなく。


LIEはやはり、CPは類ではないのですねー
😰😰😰

2015-07-21 Tue 10:17 URL | ちび #Lx6uAyHY[ 内容変更]

★ Re: タイトルなし

> 背景も変わり、いよいよヤル気マンマンですね🎶
> 嬉しいな😃
>
> 新作楽しみです
>
> そして、初恋の行方!こちらもお忘れなく。
>
>
> LIEはやはり、CPは類ではないのですねー
> 😰😰😰


ちび様
こんにちは^^
いつも着てくださってありがとうございます。LIEは、今回総二郎君です。
それと、更新がままならず申し訳ありません。閉鎖はいたしませんので、これからもよろしくお願いします。

2015-11-15 Sun 13:31 URL | ルナミミ #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| STARLIGHT |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。