STARLIGHT

好きな作品を流れのままに綴ります。 二次・オリジナルのお話です。よろしくお願いします。まずは【はじめに】からお入り下さい。

《初恋・第3章》 Dreamer 5 自分の気持ち

5【自分の気持ち】

牧野つくしの日常が大きく変わる。
今までは、普通の中学生の生活を送っていた。

普通に地元の高校に行き、卒業したら家業を手伝う。それが、当面の未来のはずだった。


その中で、好きな趣味を見つけたり、友達と出掛けたり。貯金をしてあちこち旅行もしたい。
取り立てて大きな願望はない。強いて言うなら、家業を更に大きく飛躍させるのが夢と云えば夢になる。
何しろ、いずれは弟に譲る店だ。自分の居場所を着実に見極めさせるのが卒業後の目標。

普通に、これまで通り過ごすものと思っていた日常。しかし、それが全く様変わりする方向へと傾き始めていた。突然、母親に伝家の宝刀を振りかざされるまでは。しかも、数日後に迫っている。

「参った~
どうなるんだろ・・・あたしの高校生活。
ううん。それだけじゃない。その先は?店は?
えっ???もしかして、あたし・・・進学校へ行くの?大学も?」

自分の部屋に戻り、机に向かい頭を抱えた。
勉強が嫌いなわけじゃない。むしろ、好きな方かもしれない。担任には、進学校を勧められているくらいだ。

一度は地元の進学校を選択しようとした。そして、大学へ行くことも考えたが、商売も好きだと実感して、専門高校へ行くことを選んでいた。
それが一転。

亡き祖母が厳しかったように、西園寺も、また然り。かつて、その運営する学園で学んだ時にそれは理解している。

「ふぅ~・・・でも、やるしかないんだね!
ネッ!!おばあちゃん。
あの時、自分の決めたように進めって言ってたよね。
なのに、今は進む道を推されてる。
しかも、いくら頑張っても、そこは大変な場所。
てことは、もし、行く気がなければ、それなりの力加減で受ければ、そのレールには乗れない。
結果。
行かなくてよくなる。
結局は、おばあちゃんは見越してるのかもしれないね。
あたしが行く気があるかないか。

クスッ。おばあちゃんらしいや。」

机の先の窓に向けて話しかけた。
澄み渡る空に、祖母の笑顔が見えた気がした。

週末は、恐らく当分会えなくなると確信し、友達を誘い遊んだ。下校後は西園寺家へ直行し、受験に備えなければならない。
受験まで、自分の家での日常はない。
あと2日で、腹をくくらねばならない。

そして、日曜の夜。
経緯を結果として聞いた父と弟を交え、しばし共にできない食卓を囲んだ。

「お姉ちゃん。受験して、ダメなこともあるんでしょ?」
率直な質問をする進。
「うん。まあね」
「こら!受ける前に縁起でもないわよ」
母が叱りつけた。
「でも、だから、嫌なら受からなきゃいいじゃん。ねえ、お姉ちゃん?」
「クスッ。うん。まあね」
屈託なく笑顔で言う進がかわいかった。

「うん。パパもそう思う。行きたくなけりゃ、そうしたらいいんだ。」
「もう・・・パパまで。
ハァ~・・・でも、そうね。
つくし!どうしても嫌なら、ママはそれも選択肢だと思う。おばあちゃんも許してくれるわよ。
遺志に背くわけじゃなく、受ける努力はするんだから。」

どう云うんだろうか。
わが家は、どこか緩い。伝家の宝刀を告げた母も、祖母の様に最後まで『絶対』を貫き通すことはない。
だからなのか、天邪鬼なのか。
緩んでいたネジが、きっちり締まったのが自分でわかった。

「ありがと!
でも、受けると決めた以上は、何が何でも合格して見せる。
おばあちゃんの気持ちに応えて。」

背筋を伸ばし家族に宣言するつくしだった。


《初恋・第3章》 Dreamer

 
《初恋・第2章》ノスタルジア
1011121314151617181920212223242526完
初恋  
9完
番外編

作品作りの励みになりますので、是非「ポチっ」とお願い致します。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

関連記事
別窓 |    初恋第3章 Dreamer | コメント:3
∧top | under∨
<<お越しくださった皆様へ | STARLIGHT | LIE 13 F4 >>

この記事のコメント

つくしちゃん、決心つきましたね。

さあ、これから何が待っているのか。

未来は自分の手で、掴み取っていくものなんですね
   
2014-10-09 Thu 03:03 | URL | #-[ 内容変更] | top↑
> つくしちゃん、決心つきましたね。
>
> さあ、これから何が待っているのか。
>
> 未来は自分の手で、掴み取っていくものなんですね
>    

はい。
自ら未来をつかむのが、牧野つくしですよねv-344
2015-06-27 Sat 15:43 | URL | ルナミミ #-[ 内容変更] | top↑
> 暫く更新ないので、どうされたか?心配しています。            読むだけのおばさんですが、ここが大好きで、毎日の様に覗いています                                        勝手ですが、少しづつでも どうぞお続け下さいませね。                


ご心配をお掛けしてすみません。
ぼちぼちですが、これからも続けて行きますのでよろしくお願いしますv-411
2015-06-27 Sat 15:47 | URL | ルナミミ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| STARLIGHT |