STARLIGHT

好きな作品を流れのままに綴ります。 二次・オリジナルのお話です。よろしくお願いします。まずは【はじめに】からお入り下さい。

風の行方 10 想い人

10【想い人】

司は互いの今と云う時間を理解し、意を決した思いを告げて、その場を去った。

そして、複雑な思いのままNYへ戻って行った。

目の前で起こった現実。これから、2人に対してどうするべきかと思案する類だった。

親友の司が、本当に心が離れケジメをつけ訳ではないからだった。

親友・司の辛さ、後輩で有り仲間であるつくしの切ない胸の内もわかる。

類はそれだけに何も言えない。

そして何より、今の自分の気持ちが落ち着かないのも確かなことだった。

気付かない振りをして、蓋をし続けて来た感情にスイッチが入りそうな気配を感じている。

だから類はこらえた。会うのも声を聞くことすらも!

もしそうしていたなら、口からこぼれ出しそうな感情。今は、まだその時じゃない。
支え見守る自分でいる為に!

つくしが寄り掛かりたい場所を探している時に、その存在である為に!


つくしはごく当たり前の日常に向かう為に気分を新たにしようと懸命だった。
大学にしても、二部制とは言えレベルは低くない大学のそこで学んでいる。今するべき事は学ぶ姿勢。仕事も学生としても胸を張っていたい。
色んな事があっても、今の状況を乗り越えるしかないと気持ちをくくった。

一瞬、携帯を手に取り、声を聞きたい相手がいた。それは・・・花沢類。
けれど思い直し携帯を閉じる。

「花沢類!
あたしはどうしたら良い?
道明寺との事で何か迷惑はかかっていない?
友情は?
ごめん!巻きぞいにして!」

星の煌めく夜空に想い描くその笑顔に話しかけるつくしだった。

10


作品作りの励みになりますので、是非「ポチっ」とお願い致します。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

関連記事
別窓 | 【完】風の行方 | コメント:1
∧top | under∨
<<風の行方 11 上司と同期 | STARLIGHT | オリジナル作品について>>

この記事のコメント

> ルナミミさんの更新を見つけたとたん・・
> やった!!!
> と一人にやついてしまいました(^_^;)
>
> 類のスイッチはいつ入るのでしょう!?
> 楽しみです(*^_^*)
>
> どうしても、他の皆様にコメをみせる度胸がないので、
> 非公開ですみません・・・



OたO様

いつもコメありがとうございます。
嬉しく拝見しています。
ご期待に添えるか?頑張ります。

励みになるので、またよろしくお願いしますねv-290
2014-01-26 Sun 19:35 | URL | ルナミミ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| STARLIGHT |