FC2ブログ
好きな作品を流れのままに綴ります。 二次・オリジナルのお話です。よろしくお願いします。まずは【はじめに】からお入り下さい。

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

Love 32 離さない

2010-10-30 Sat 18:21

【離さない】

類は急く想いで車を停める場所を探した。
しかし、あいにくパーキングは時刻の影響で停める事を選択する客の列を成している。

「アッ!ここもダメ?」

時間はもう30分過ぎている。あの場所に何時までも居させられない。
已むに已まれずデパート前の路上に車を寄せると類は、自分に一斉に注がれる視線を無視し、ただ一筋に目的に向かった。

俯きがちに小さくうずくまる様に佇んでいたつくしの腕を掴み立ち上げさせると、キョトンとしたその瞳を見つめ

「待たせてごめん。車を置く場所が、それでも無かった。」
「エッ?」
何の事か理解出来ない返事でも、言うなりに身体は反応する。
支えられる様に数m先の車に行き着くと2人は乗り込み、注目の中で車を発進させた。
数人が口々に「あの人見た事がある!」「今の2人何?ドラマの撮影?」そんな言葉を交わすのを背中で聞く。
カメラのシッター音も聞いた気がした。しかし、そんな事よりつくしを探しだした今、手元に置く事を望んだ以上は、先の事より目の前の現実が大事だった。
何よりも優先したい。愛する牧野つくしの事が類には拠り所なのだから!


「す・すみません。」
「ううん。
そんな事より、会えて良かった。」
「せ・・・類さん!」
「俺は、心を決めたから。」
「エッ!心を決めた?
それは・・・どう言う?」

何を言われるのか不安が先に立つ。「別れよう」そう言われるのだろうか?だとしても、今の自分は反論できるだろうか?拒んで泣くのを理解してくれるだろうか?

「そんなに・・・怒ってるんですか?」
「ああ。だから、結論を先行させる事にした。」
「あ・あたし・・・類さんが・・・」
「ん?何?俺がどうかした?」
「この状況で、気分を・・・」
「司がここまでの事を仕出かすとは、俺の考えが甘かった。
あいつ!
何考えて行動してるんだ?」

「あたしを怒っているんじゃあ?」
「ああ。確かにそれはあった。
でも、俺が失いたくないのは・・・つくし!君以外に居る筈がない。
だから、俺だけを見て・頼って・打ち明けて欲しい。そう望んでしまう。勝手だって解っていても。」
類は、隣のつくしの膝にある手を握った。
「誰にもこの手は握らせない。」
「るい・・さん」
「類で良い。そう呼んで!」

車に漂う類の香り。それがつくしを包み込む。
「聞いても・・・良いですか?」
「ああ。」
「あなた程の完璧な男性が、何であたしを選んでくれるのか?」

「メーテルリンクの青い鳥を知ってる?」
「は・はい。詳しくは知りませんが!」
「俺は、高校時代その中に居た。そして卒業と共に結末に辿り着いたんだ。でも、残念ながら物語の様に上手くは行かない。
でも、天使はチャンスをくれた。だから、それを見逃したく無いんだ。」
「ん~・・・頭の回転が悪いあたしには・・・難しいです。」
「クスッ。
つくしは、好意を感じる時にその見掛けだけを優先させる?」
「は・はい。
愛らしいとか・・綺麗とかが、まず眼に入りますけど、インスピレーションや眼についた時の仕草や行動で惹かれたり、価値観が合うとかも想いに繋がります。」
「俺はどうだった?
それに当てはまった?」
「聞いてるのはあたしの方なのに・・・いつの間にか?」
「クスッ。
俺も同じ!
今の暮らしが、普通じゃ無い分。尚更新鮮で目を奪われる事がある。たった1円と考える俺の廻りの女性。
その中で、1円でも大事に考えるキラキラした瞳に魅せられた。
どこに居ても同じスタンス。媚びない・怯まない・挫けない。
自分を隠さないで、素直に表現するその全てが好きだ。

どう?
これで解ってくれた?」
「貧乏が・・・幸運を運んで来てくれる事もあるんですね?」
「そうじゃないさ。
その暮らしの中で、見失わない自分を持ってる事が大事なんだ。
そう育ててくれた、つくしの家族が素晴らしいって事さ。」

「あ・ありがとう・・ございます。
でも、そう思って頂けても・・・家柄が違うだけじゃ無く、こんな騒ぎまであったんじゃ・・・もう前には進めませんよね?」
「前に進めないんじゃない。
これを機に、俺は前に進もうと想う。だから、君ももう迷わないで!
俺に相応しくないとか言う事。
良いね!」
「はい。」

類の向かう先は・・・・・


 Love
Love 
123456789101112131415161718192021222324252627282930313233

作品作りの励みになりますので、是非「ポチっ」とお願い致します。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
 

関連記事

別窓 | 【完】 Love  | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<鎮魂歌  第1章 プロローグ | STARLIGHT | Love 31 行き着く先>>
コメント

★ love

更新毎回楽しみにしています。花沢類にはまって、いろいろなブログ拝見しましたが、LOVE描写も、物語も一番好きです。
ロードでは、つくしの強さと、けなげさを感じ涙しました。
もっと、もっと読みたいのですが、でも、パスが届かないと、もう読むことができないのでしょうか?

2010-10-30 Sat 21:54 URL | ゆみバーバ #-[ 内容変更]

★ ありがとうございます!

おはようございます。ギリギリでのパス申請にも拘わらず、お返事頂きパスも頂き本当にありがとうございます! 今少しずつ拝見させて頂いてます。 また 後日改めて感想を述べたいと思います。 先ずは感謝のご挨拶のみで申し訳ありません…ごめんなさい。

2010-11-02 Tue 07:29 URL | #-[ 内容変更]

★ 大変失礼いたしました

ルナミミさま

こんばんわ。早々にパスワード頂きながら、お礼メールもせずにごめんなさい。次にお邪魔したときにコメントとお礼を・・と思いつつ、お邪魔できずにいました。
今さっきケータイからお邪魔すれば・・と辿り着きました。言い訳でごめんなさい。

2010-11-03 Wed 20:38 URL | yuki #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| STARLIGHT |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。